看護師の志望理由で転職の際に多いブランク,ワケアリ例文8つ

看護師 志望理由

【読むのに必要な時間は約 7 分♪】

看護師なんだけど志望理由転職が多くてうまく言えない。」

「ブランクが長くて。」など、ちょっとワケアリの場合、志望理由をうまく言い表せない場合、ありますよね。

ワケアリでも大丈夫! あなたの熱意はこうやって伝えましょう!

  1. 【ナースではたらこ】 転職サポート 無料会員登録 ⇒
  2. 【看護師のおしごと】無料会員登録 ⇒
  3. 【ナース人材バンク】看護師求人紹介 実績No.1 無料会員登録 ⇒おすすめ
  4. 【美容外科求人ガイド】 無料会員登録 ⇒
スポンサーリンク

看護師の志望理由で転職の際に病院ブランクがあって心配なあなたに

看護師の志望理由で転職の際に病院ブランクがあって心配なあなたに

ブランクの理由が 結婚、出産、介護などであれば、復職したい理由は比較的伝えやすいと思いますが、問題はそれ以外の場合ですね。

ブランクの理由が病気の場合

これは、言葉選びに気をつけないと、「体力のない人」「病気が再発したら」と、面接官に不安を与えるブランク理由です。

  • 「私は、病気が理由で、看護師を一時、やめなくてはなりませんでした。 病院に通っている間も、目につくのは、看護師さんたちの働きぶりでした。

「ああ、私も早く仕事に戻りたい!」自分が患者の立場に立ち、看護師としての在り方を別の角度から考える良い機会になったと思います。 病気になったことで、私は一回り成長することが出来ました。 この経験を今後の看護に生かしていきたいと思います。」

ブランクの理由が他の職業を試してみたかった場合

看護師の仕事は大変。 夜勤のない他の職業を試してみたくなる気持ちも分かりますヨ。 それをうまく伝えてみましょう。

  • 「新人看護師だった私は、先輩のようにスムーズに看護ができず、自信を失ってしまいました。 しかし、看護と言う仕事を離れて、自分がいかに、その仕事が好きだったのかを改めて感じ、再チャレンジしたいと強く思うようになりました。」

看護師の志望理由で転職の際に看護学校卒業まもない経験が浅くて心配なあなたに

看護師の志望理由で転職の際に看護学校卒業まもない経験が浅くて心配なあなたに

看護師としての経験が浅い人は、つい、「勉強させてください。」と言ってしまう傾向が。 確かに、謙遜し、かつ前向きな印象はあるのですが、病院側で即戦力を求めている場合も。 気を付けて使いたいフレーズです。

応募先が大きな病院の場合

  • 「看護師としての経験はまだ浅いのですが、以前勤めていた病院で多くの事を経験させていただきました。 (ここで、具体的な経験を述べると効果的です。)

今後はさらに、その経験を生かしながらも、貴院で行われている研修などに積極的に参加し、スキルアップを目指していきたいと思います。」

応募先が小さな病院の場合

  • 「以前、大きな病院に勤務していた経験があります。 そこで、多くの事を経験させていただきました。

大きな病院での組織化された看護では、連係プレーなど、看護の効率性について勉強することが出来ました。(大きな病院ならではの経験を交えると効果的。)

今後はその経験を生かしながら、患者さん一人一人にもっと寄り添い、コミュニケーションを大切にする看護を目指したい、そう思って、貴院を選びました。」(看護学生なら、実習の経験がある、と置き換えましょう)

看護師の志望理由で転職が多くて心配なあなたに

看護師の志望理由で転職が多くて心配なあなたに

転職が多いと、「この人はすぐにやめてしまうのでは?」と面接官が思ってしまいます。 また、「トラブルを起こしてやめたのだろうか?」と、協調性を疑われてしまう場合も。 転職の多い人は、特に面接時の印象を良くしたいですね。

ここでは、特に書き方に注意しながら見てみましょう。

  • 今まで働いてきた科の経験を生かしたく、貴院を選びました。

(ここで、「多くの科」などとあえて言わないのも一つの方法です)

  • 看護師という仕事は、チームワークがとても大切だと感じております。 また、小児科に勤務していた時は、お子様に対するケアだけでなく、お母様に対してもケアが必要なことを学びました。

(ここも、一番思い出に残る経験の一部を言えばOK。 たくさんいうと、転職が多い、の印象をさらに強めてしまう可能性が。)

  • 貴院の理念“職員、患者さんの安心”を見たとき、「安心」という言葉にとても共感いたしました。

(病院の理念に共感した場合は、具体的にどの部分なのか言うと信憑性が出ます。 また、病院の理念に共感したことで、自分に合う病院探しをしていた、という印象にも。)

看護師の志望理由で転職の際にスキルアップしたい、願書をどう伝えたらいいのかわからないあなたに

看護師の志望理由で転職の際にスキルアップしたい、願書をどう伝えたらいいのかわからないあなたに

「スキルアップをしたい」というのは伝えるのが難しい表現。 「勉強させてください」と同様、受け身的な表現ともとられかねなく、また、現在のスキルが低い、とも聞こえます。

そうならないよう、どんなスキルをアップしたいのか、具体的に述べるように心掛けましょう。

  • 「外科病棟で、8年間勤務してまいりました。 精神疾患を患った患者様が数日間入院され、看護をする際のお声がけ、タイミングなど、大変難しい事に気が付かされました。 経験のある先輩看護師からアドバイスを受け、またご家族の方からも多くの事を学ばせていただきました。 これをきっかけに、精神疾患を患った患者様の看護スキルについて、深く考えさせられるようになり、精神科のある貴院で、看護のスキルアップを目指したい、そう考えて応募しました。

まとめ

「看護師の志望理由で転職の際に多いブランク,ワケアリ例文8つ」いかがでしたか?

看護師の就職、転職向け例文集はたくさんありますね。 参考にすることによって、自分なりのアイディアが浮かんでくると思います。 でも一番大切なことは、自分の言いたいことを、自分の言葉で、ハートから言う事!

おすすめの転職したい看護師さんが無料会員登録している看護師求人サイトにとりあえず無料会員登録して転職の幅を増やしてあなたにあった職場をえらんでくださいね♪

あわせて読みたい 看護師の髪型でまとめ方や簡単アレンジ法4つで天使の笑顔になる^^

記事が気に入ったら友達にシェアしよう♪

スポンサーリンク