転職の面接マナーとは?キャリアアップ転職を目指す女性必見!マナー4つ

転職 面接 マナー

【読むのに必要な時間は約 7 分♪】

転職面接マナーとは?

既に社会人の女性の皆さん! 転職、と言うことは、過去に面接を経験したことがありますね。 逆に言うと、転職での面接マナーは、新卒の人と比べてより厳しい目で見られている、と言うことになります。 だからこそ、企業の求めるマナーをクリア! 女性ならではの面接マナーのノウハウ、まとめてみました。

スポンサーリンク

転職の面接マナーは第一印象はやっぱり大切!

転職の面接マナーは第一印象はやっぱり大切!

やはり、人は「第一印象」というものに大きく左右されます。

すでにご存知の方も多いと思いますが、とにかく基本をおさらい!

「基本ができる=常識ある人」 という印象にも繋がります。

入室 -

(コートを着ている場合は脱いで)

  • ドアを3回ノック。 強すぎず、弱すぎず、ですよ。
  • 「どうぞ」と言われたら、「失礼いたします。」と入室。 適切な声の大きさで。かつ、爽やかな印象で。
  • ドアを閉める時、後ろ手はNG! 体ごとドアの方を向いて静かに閉めて。
  • 「よろしくお願いします」と名前を名乗りましょう。 一礼して丁寧な印象に。
  • 座る時、カバンは膝の上ではなく足元へ。持っているコートも、丁寧にたたんでカバンの上に。
  • 姿勢を良くして、まっすぐ面接官を見ます。

当たり前のことかもしれませんが、こういったことを丁寧にするかどうかで、あなたの印象が良くも悪くもなります。 コートを適当に丸めて置いたり、また、声が大きすぎたり、小さすぎたりetc… 何気ないしぐさから、あなたは評価されているのですよ。 面接がある、ない、にかかわらず、普段の心がけも大切なのかもしれませんね。

転職の面接マナーの女性ならではの座り方etc…

転職の面接マナーの女性ならではの座り方etc…

さて、入室で良い印象を与えたら、次は質疑応答です。

ここで、しゃべる“前”に大切なことはと言うと…

「座り方」です。

足、どうしていますか? まさか、「内股座り」になっていませんか?

これは女性がやってしまいがちなNGです。

「ひざが開かないように気をつけています。」- それはいいこと。

「そして、足元は女性らしく八の字の内股。」- これ! これがNGなんです!

足は、ひざも足元も真っ直ぐにつけること。 日頃から内股が可愛い、奥ゆかしい、と思っている女子の皆さん、日本人女性の内股は、外国人だけでなく、日本人男性の間でも評判が良くありません。

次に、ボディランゲージです。 座り方もボディランゲージの一部ですが、

  • 視線の向け方
  • ソワソワと動かない
  • 髪を触らない
  • 口元を手で隠さない

なども、注意しましょう。

また、質問に答えていると、それに気を取られて、姿勢が乱れがちに。 いつの間にか猫背になってしまう女性も多いのではないでしょうか。 気をつけましょう。

転職の面接マナーの「声」のマナーとは?

転職の面接マナーの「声」のマナーとは?

それでは実際の質疑応答で気をつけたいマナー、見てみましょう。

ここからは言葉遣い、がカギとなりますね。

  • 声の大きさは大きすぎず、小さすぎず。 大きい声は女性として下品な印象に、小さい声は、自信のない印象になってしまいます。
  • 語尾をはっきり言う。 はっきりしない言葉遣いは、聞き手が聞きとりにくく、一生懸命あなたの言葉を拾わなくてはいけません。 それは失礼なことです。
  • 聞き取れなかった、質問の意味が分からなかった場合は、聞き直します。 その際、「え?」は禁物!「すみません、もう一度おっしゃっていただけますか?」と素直に言いましょう。 質問を推測して回答すると、間違った返答をしてしまう可能性があります。
  • 転職理由、志望理由など、仕事に関する質問は、あらかじめ自分の中でまとめておくことが必須になりますが、思いがけないことを聞かれた場合 -

(面接官が)「あ、僕も同じ高校に行きました。 為我井先生、知ってる?」

「趣味がフラワーアレンジメント? 今どんな花が盛りなの?」

こういった質問も、面接のマナー内で答えること。 つい、フレンドリーに話に夢中にならないのがポイントです。

転職の面接マナーの女性のネイル、香水 アクセサリーetc…については?

転職の面接マナーの女性のネイル、香水 アクセサリーetc…については?

「ネイルは自然に、香水はきつくないものでしょ?」

そうですね。

では「時計は?」「アクセサリーは?」

メイクやネイルと違って、時計、アクセサリー類は、どこからが派手で、どこからがシンプルなのか、自分では分かりにくいものです。

「それでも大きなジュエリーをつけたい!」

キャリアアップの転職なら、それもアリだと思います。 特に、管理職を希望している女性であれば、カリスマ性があるかどうかも面接で判断されることに。 それに個性的なジュエリーを活用するのです。

「私は協調性を保ちながらも、自分の個性を出すことが出来ます。」

個性のアピールの仕方が上手なのも、仕事ができる印象に繋がりますので、アクセサリーと服装のコーディネートは慎重に考え、好印象になるよう役立てましょう。

ただし、大きなジュエリーをつけたい場合、1点に絞ること。 これがポイントとなります。 2点、3点と、数限りなくジュエリーをつけるのは考え物です。 指輪も1つにとどめましょう。

まとめ

「転職の面接マナーとは?キャリアアップ転職を目指す女性必見!マナー4つ」いかがでしたか?

転職の場合は、「マナーが出来ていて当然」と求人する側の期待が高いもの。 難しい質疑応答で躓くならばともかく、最低限のマナーで減点数になってしまうのはもったいないですね。 日頃からマナーに気を使っている女性は、面接での振る舞いも、自然に好印象になるでしょう。 日頃から、マナーは気をつけておきましょう。

次に読まれている記事 転職 失敗で辞めたい!わたしの何がいけないの?成功組から学ぶ4つの事

記事が気に入ったら友達にシェアしよう♪

スポンサーリンク